グンと高まる利回りで収まらないお得感|収益物件で安定な収益を得る

修繕状況をチェックしよう

アパート

簿外債務を見抜こう

マンション投資をする際に重要なことは物件選びです。物件選びというと、エリアや間取りなどを挙げる人が多いですが、この他にも気を付けなければならないことがあります。それは修繕積立金の状況です。マンションは10年から15年に1度のペースで大規模修繕工事を行う必要が出てきます。大規模修繕工事を行わないと、建物のいろいろなところに不具合が出てきます。ほとんどのマンションでは、この大規模修繕工事に備えて修繕積立金を積んでいっていますが、その額はマンションによって異なります。大規模修繕工事をする際に資金が足りなければ、金融機関からの借入をして、対応している管理組合もあります。借入をしていなくても、大規模修繕工事を行うにあたって明らかに資金が足りてなければ隠れた負債を抱えていることになります。

真実を見極めよう

安い価格でマンションを購入することができたとしても、将来の負担が大きければ、マンション投資全体の利回りは低下してしまいます。しばしば、工事費を借入ができている管理組合は管理費や修繕積立金の徴収がしっかりしているという証拠だと主張する人がいますが、借入は負債であり、財務状況は健全とは言えません。毎月の修繕積立金が少なければ、マンション投資における見かけの利回りは良くなります。この見かけの利回りに引っかからないように気を付けましょう。物件選びをする際に、修繕積立金がある程度ストックされていること、管理組合がしっかり機能していることを確認することができれば、マンション投資が成功する確率はかなり上がります。